結婚式(披露宴)を盛り上げる余興

紹介

結婚式(披露宴)での余興を考える時、まずは何を考えますか?
まずは予算からその次は演出方法・・・となりがちでしょうが、
ゲストの年齢層だったり顔ぶれをしっかりと意識する事から始まります。

 

自分達が楽しくやれればいいや!

 

そうなるのも良いのですが、やはりご両家の方々や親戚の方々、友人関係と年齢層は幅広いのですから、余興演出がゲストの方に合わなかったら場がしらけてしまったり盛り上がりに欠けたりと良い思い出に繋がりません。

 

結婚式はゲストの方に祝福をしてもらう場なのですから新郎新婦、ゲストの方々全員が良い思い出となるように余興も考えたほうがすばらしいものになるはずです。

 

ここではそんな結婚式(披露宴)での予算や余興を盛り上げる為の演出方法などをご紹介します。

 

余興の予算はどのくらい?

はっきり言ってその人達の余興を行う内容によって予算はかなり変動していきます。
一概に「余興の予算はこれくらいです!」とはならないのですが、私が過去にやった余興内容をちらっとご紹介したいと思います。
その時にかかった余興費用なども含めてご紹介しますね!

 

歌&ダンスの余興

歌やダンスなどの余興の場合は練習する場所が必要になってきます。
自宅での練習なら費用はかかりませんが、大人数でやるとなると練習場所が必要になってきます。

 

1,2万円程度は用意しなければいけないですね。

 

大人数でやるのであれば、それだけ折半することが可能なので一人あたり数千円程度で済む場合もありますね。

 

マジック&パフォーマンスの余興

マジックだったりパフォーマンスをやるにしても必要なグッズを取り揃えなくてはなりません。過去私がやったのはイルミネーションを使った幻想的なパフォーマンス。数人程度で行うマジックショーなどです。

 

イルミネーションのパフォーマンスは数千円から1万円程度

 

マジックショーは規模によりますが、2,3人程度で行う簡単なマジックでしたら1,2万程度で収まります。

 

もっと大規模なマジックショーを行うと5万円くらいはかかってしまうのではないでしょうか。
ちなみにプロが行っている大規模なマジックショーの場合は数十万円から数百万円は必要になってきます。

 

 

映像&スライド上映の余興

映像・スライド上映の場合はビデオカメラ、編集用ソフト&パソコンなど必要になってきますね。でもビデオカメラもパソコンもないけど映像・スライド上映をしたい!とはならないはずです。

 

一式取り揃えるなら数万円から10万程度はかかってきますから。

 

無いのなら他の余興内容を考えるはずです。

 

もっとこだわった余興の演出がしたい!

こだわった余興演出がしたい!

今言った歌やダンス、マジックショーやパフォーマンス、映像等などは毎回やっているから他に盛上るような余興の演出がしたい!

 

となると、やはり”プロ”に依頼する余興演出となります。

 

プロのパフォーマンスによる生演奏、マジシャンや芸人のパフォーマンスなどがあります。
ピアノ、弦楽四重奏、ジャズバンド、アカペラなど余興の会場でミニライブをすることでどの世代でも盛り上がると思います。シチュエーションに合わせて楽曲を選ぶのもいいかもしれませんね。

 

その中でも私の結婚式では、芸能人による余興演出を依頼しました。

 

それは「有名人(芸能人)」を余興の演出に依頼するのです。
芸能人を呼ぶことで新郎新婦はもちろん、ゲストの方々も盛上る事間違いなしです。

 

ただ、芸能人を呼ぶにあたり予算がかなりオーバーしてしまう事は確かです。
前々から芸能人を呼ぶことを想定しているのであれば問題ないのですが、していないのであれば相当の予算がからんでくるのは確かです。
予算として約5万円〜100万円は必要になってきます

 

 

なぜこんなにも予算の差が出てくるのかと言うと、
芸能人にも依頼費(ギャラ)が発生するからです。

 

誰もが知っている芸能人であれば、ギャラもそれ相当の価格に跳ね上がります。

ある程度の芸能人であれば数万〜数十万円の予算です。
マジシャンだったり若手の芸人であるのであれば数万円程度の予算です。

どの芸能人を呼ぶかによって値段はかなり変動していきます。

 

それこそ、まずは見積りから取ってみて自分達の支払える予算であるなら良い思い出として依頼するのもアリなのではないでしょうか。

 

 

 

 

結婚式(披露宴)の予算内で芸能人を余興に呼ぶならコチラ!