結婚式に芸能人を余興にプロデュースする為に必要な事!

紹介画像

 

  • 結婚式の余興は盛大にやりたい!
  • 友達の結婚式とは違った演出もしたい!
  • 人生に一回きりの結婚式だから思い出に残るような事をしてみたい!

 

みなさん思われる事は思い出に残るような結婚式にしたいと思う事です。
一般的な結婚式の演出でも思い出に残りますが、ちょっと凝った余興の演出方法をしてみてはどうでしょうか。

 

余興に芸能人を呼ぶ!

 

今、この記事を見ている方は「結婚式の余興で芸能人を呼びたいな!」
そう、お考えではないでしょうか。
芸能人を結婚式に呼ぶ事はやっぱりすごく良い思い出になるはずです。それに、参加してくださったゲストの方々にも思い出に残るような結婚式になるはずです。

 

 

では、どうすれば結婚式に芸能人を余興に呼べるのか?

 

一つは芸能プロダクションに直接依頼する

 

一つは業者が派遣代行して芸能人を呼ぶ

 

 

どちらも芸能人を呼べる事は呼べるのですが、芸能人派遣業者を仲介して芸能人を呼ぶとなると余分な仲介マージンが発生しない点を含めたら芸能プロダクションに直接依頼する方が予算的にも良いかと思います。

 

また、余興ではないのですが中には式場が紹介してくれる司会者で、芸能人や本職のアナウンサーの方達もいるのです。

 

当サイトオススメの芸能人依頼方法!

芸能プロダクション直営の”アネット”

 

アネットプロダクションは芸能プロダクション直営なので派遣や紹介業者とは違い、芸能プロダクションと直営なので、仲介マージンなどもなく依頼費用も安く抑えれることが出来るのです。

 

 

若手芸人はもちろんの事、マジシャンやお笑いタレント、あの有名芸能人までもが結婚式の余興の場で盛り上げてくれるのです。

 

 

その他にもこのアネットプロダクションでは余興の依頼以外にも二次会の幹事なども代行してくれるサービスもあるのです。

 

 

しかも、芸能人司会依頼で幹事代行も無料となります。

 

 

すごい事に会場紹介、受付業務、写真撮影、ビデオ撮影、新郎新婦特設サイトの作成までも無料でやってくれるサービスなのです。

 

 

迷っているのであれば一度見積りからやってみる事をオススメします
(式場や地域、季節などによっても見積りが変動する場合があります)

 

アネットの詳しい情報はコチラ!

 

 

 

やっぱり知りたい!芸能人を呼ぶ際にかかる金額

 

結婚式の余興に芸能人を呼ぶにはそれ相当の金額が必要なのでは!?

 

そう思っている方が非常に多いと思います。
一概に芸能人を呼ぶに当たっての金額は○○万円です!とは言えないのです。
その理由としては、まずイベントの内容や呼ぶ芸能人の方にもよります。また、時期によっても金額の変動はあるとの事です。

 

ただ、派遣業者に比べると芸能プロダクションに依頼した方が全体の相場よりも安く抑えれるのではないでしょうか。

 

一般的な芸能人を呼ぶ際にかかる相場

10万円クラス
芸能人によるビデオメッセージ
若手マジシャンや若手お笑いタレント
20万円クラス
若手芸人やものまね芸人
30万円クラス
ためにテレビに出演される芸能人や芸人
40万円クラス
よくテレビなどに出演されている人気芸人や芸能人
50万円クラス以上
誰でも知っている有名芸能人や有名芸人

 

芸能人を結婚式の余興に呼ぶ為の流れ

手始め

電話かインターネット上で芸能プロダクションへ出演依頼に関する情報を問い合わせる

 

出演見積りを取る

例:web上で操作する場合
「出演依頼フォーム」などに日程や芸能人にやってもらいたい事(イベント内容)、希望の芸能人、出演時間、会場等の情報、申し込み者の基本情報、可能ならご予算の提示を送信する「契約手続きを」

 

打ち合わせ

「出演依頼フォーム」に沿って芸能プロダクションとの打ち合わせになります。
そこで、もしお気に入りの芸能人や芸人さんが金額的に合わないのであれば、熱意を持って交渉してみてください。
交渉次第では良い結果があるかもしれません。

 

最後に契約成立となり当日、結婚式の余興を盛り上げてくれるのです。

 

結婚披露宴の余興で芸能人を依頼した人の体験談

結論から言うと、微妙に知っている・たまにしかテレビに出ない芸能人や芸人さんよりかは、誰もが知っている芸能人や芸人を呼ぶ方が当たり前の話、すごい盛り上がります。
予算にもよりますが、なかなかそこまで予算がないよって言う人であれば、ものまね芸人だったりマジシャンを呼んで盛り上がる方がベターな選択だと思います。

 

また、予算があっても大きな芸能プロダクションなどで申し込むのは難しいと思います。法人レベルでないと申し込みが大変だったりするのです。
それを踏まえると、そっくりさんやマジシャンの方がスケジュール的にも融通が利きますし、いろんな意味で会場を盛り上げる事が出来るのです。

 

「お祝いにタレントの松本人志さんがかけつけてくれました!」

 

会場がザワザワ・・・!
そっくりさんだとわかったら、
それだけでも会場が盛り上がりますからね。